コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

架構式構造 かこうしきこうぞう

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かこうしきこうぞう【架構式構造】

建物の構造形式の一種。柱・(つか)などの垂直材と(はり)・(けた)などの水平材で構成される。従来からある日本の木造(もくぞう)もこの形式。改造解体が比較的容易で、大きな開口部をとることができる。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かこうしきこうぞう【架構式構造 frame structure】

楣(まぐさ)式構造ともいう。主体構造を柱,梁(はり)によって構成する構造で,壁構造に対するもの。構造材料は一般には木材,鉄骨,鉄筋コンクリートなどであるが,歴史的にはパルテノンの神殿など石造の架構式構造もある。柱と梁の接合のしかたによってラーメン構造とトラス構造に分かれる。間取り(平面計画)の上では,架構式構造は壁構造に比べて壁による制約が少ないため,間取りの自由度が大きいこと,グリッドプランニングのできることなどに特徴がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の架構式構造の言及

【建築構造】より

鉄筋コンクリート造建築鉄骨造建築鉄骨鉄筋コンクリート造建築
【建築構造の種類と特徴】

[構成形式による分類]
 建物の骨組みを構成する方法によって分類すると,架構式,組積式,一体式の3種がある。(1)架構式構造 線状の細長い部材を組み合わせて,柱,はり,筋かいなどとして骨組みを形成する方法で,一般的な木構造,鉄骨構造などがこれに属する。架構式構造の用途はきわめて広く,小規模の住宅から大規模の高層建築,体育館などの大スパン構造のものまであらゆる建築に用いられる。…

※「架構式構造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

架構式構造の関連キーワード真壁(建築)組積式構造トラス構造筋かい木造建物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android