コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳原資明(読み)やなぎわら すけあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳原資明 やなぎわら-すけあき

1297-1353 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
永仁(えいにん)5年生まれ。日野俊光の4男。光厳(こうごん)天皇につかえる。足利尊氏建武(けんむ)政権に反旗をひるがえすと後醍醐(ごだいご)天皇にしたがうが,のちふたたび光厳院につかえ,正二位,権(ごんの)大納言にすすんだ。柳原家の祖。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年7月27日死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やなぎはらすけあき【柳原資明】

1297‐1353(永仁5‐正平8∥文和2)
鎌倉末~南北朝時代公卿。柳原家の祖。持明院統と大覚寺統との対立の中にあって,兄の日野資名とともに持明院統側に立った。後醍醐天皇の討幕計画の首謀者の一人だった日野資朝も兄。足利尊氏が建武政権に反し,持明院統を擁立しようと図った際には,光厳院の側近としてその衝にあたった。以後北朝の重臣として活躍し,権大納言にすすんだ。【山本 博也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる