柳寛順(読み)りゅうかんじゅん

  • 1904―1920
  • りゅうかんじゅん / ユグァンスン
  • 柳寛順 (R)Yu Kwansun

世界大百科事典 第2版の解説

1904‐20
朝鮮の独立運動家。忠清南道天安郡の生れ。梨花学堂在学中,1919年三・一独立運動に参加,帰郷して示威運動を計画。4月1日並川の定期市日に集まった群衆太極旗を配り,独立宣言文を朗読,示威行進を組織した。彼女はデモの先頭に立ち指揮をとったが,憲兵発砲により自分の両親を含む30余人の死者を出した。寛順は負傷逮捕され,首謀者として懲役3年を宣告されたが,日本に裁く権利はないと獄中闘争を展開した。上告審では法廷侮辱罪を加算されて懲役7年となったが,最後までをまげなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝鮮の民族解放に殉じた少女。梨花学堂学生であった。15歳のときソウルの三・一独立運動に参加した学生リーダーの一人。学校閉鎖後、故郷の忠清南道に帰り、天安、燕岐(えんき)、清州、鎮川(ちんせん)など各地で運動の継起を企図した。並川市場蜂起(へいせんいちばほうき)を指揮して逮捕、投獄された。日本当局の拷問に屈せず、裁判の不当を糾弾し続け、民衆に民族独立の正当性、祖国愛の尊厳を教えた。拷問により病死。「朝鮮のジャンヌ・ダルク」ともいわれている。

[姜 徳 相]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳寛順の関連情報