コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田睦陸 しばたむつむ

百科事典マイペディアの解説

柴田睦陸【しばたむつむ】

テノール歌手。岡山県生れ。東京音楽学校卒。独唱者として活躍するほか,1952年中山悌一らと二期会を結成し,オペラ・合唱界に貢献した。東京芸術大学教授,二期会会長などを歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田睦陸 しばた-むつむ

1913-1988 昭和時代のテノール歌手。
大正2年3月23日生まれ。東京音楽学校(現東京芸大)で薗田(そのだ)誠一,ブーハーペニヒに師事。独唱者として幅ひろく活躍。昭和27年中山悌一(ていいち)らと二期会を結成し,オペラの振興につくす。東京芸大教授もつとめた。昭和63年2月19日死去。74歳。岡山県出身。筆名は宗近昭。著作に「発声論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴田睦陸の関連キーワード柴田 喜代子中山 悌一栗林義信昭和時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android