コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗林遺跡 くりばやしいせき

世界大百科事典 第2版の解説

くりばやしいせき【栗林遺跡】

長野県中野市栗林にある弥生時代の遺跡。長野盆地の北端に,南北に連なる長丘丘陵の西麓,千曲川右岸の旧河床にのぞむ微高地上にひろがる集落遺跡。第2次大戦前神田五六の採集品により,中部山地弥生中期の磨消(すりけし)縄文のある土器が出土する遺跡として知られていたが,1948年の発掘で円形竪穴住居を検出した。縄文のある中期中ごろの土器から櫛目文が混用される土器,さらに櫛目文だけを用いた後期の土器が多量に出土して,中部山地北部の弥生時代後半の変遷の状況が明らかとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

栗林遺跡の関連キーワード長野県中野市栗林

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android