コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗沢 くりさわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栗沢
くりさわ

北海道中西部,岩見沢市南部の旧町域。 1949年町制施行。 2006年岩見沢市に編入。 1887年頃から開拓が始まった。西部の低地は幌向川と夕張川に挟まれた水田地帯で,米作が盛ん。東部の山地には万字炭鉱,美流渡炭鉱,東幌内炭鉱などがあったが,相次ぎ閉山工業団地への企業進出が盛んである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栗沢
くりさわ

北海道中西部、空知(そらち)支庁(現、空知総合振興局)管内にあった旧町名(栗沢町(ちょう))。現在は岩見沢(いわみざわ)市の南部を占める地域。旧栗沢町は1949年(昭和24)町制施行。2006年(平成18)、空知郡北(きた)村とともに岩見沢市へ編入。旧町名は開拓当時付近の山や沢にクリが多かったことによる。JR室蘭(むろらん)本線、国道234号が南北に通り、これを境に、東は丘陵山地、西は石狩(いしかり)平野の低地。1890年(明治23)ごろから低地に入植が進み、米作地に発展した。その後山間に万字(まんじ)、美流渡(みると)などの炭鉱が開かれ、町の発展に寄与したが閉山した。[柏村一郎]
『稲童丸謙二編『栗沢町史』(1964・栗沢町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

栗沢の関連キーワード北海道岩見沢市岩見沢(市)北(旧村名)黒木 勘蔵上野(村)小平 忠支庁

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栗沢の関連情報