岩見沢市(読み)いわみざわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩見沢〔市〕
いわみざわ

北海道中西部,石狩平野の中央部を占める市。空知総合振興局の所在地。1943年市制施行。2006年村,栗沢町を編入。1884年山口県,鳥取県などから 277戸が集団移住し,幾春別川(いくしゅんべつがわ)南岸を開拓した。石狩平野と夕張山地が接する場所にあたり,野菜類の生産が多く,食品加工業も行なわれる。夕張山地の西麓端の段丘は宅地化が進む。西部を石狩川が南流し,流域は代表的な米作地帯。JR函館本線と室蘭本線が分岐,国道12号線が碁盤目状の市街地を斜めに貫通し,国道234号線が分岐。札幌市から 32kmにあり,道央自動車道も通り,衛星都市の性格を強めている。面積 481.02km2。人口 8万4499(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩見沢市の関連情報