コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕張川 ゆうばりがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夕張川
ゆうばりがわ

北海道西部を流れる石狩川の支流。全長 80km。夕張山地芦別岳 (1726m) に源を発して南西流し,紅葉山,川端付近から北西流して江別市で石狩川に注ぐ。上流部に,灌漑,発電,上水道用など多目的の大夕張ダム (シュウパロ湖) があり,中流部は旧炭鉱地帯を通り,馬追丘陵を横断して長沼低地帯に流入。かつては蛇行が激しく洪水をもたらしたが,現在では人工河川が造られて洪水の被害は少くなり,穀倉地帯を形成。特に下流の幌向 (ほろむい) 原野は米作が盛ん。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆうばり‐がわ〔ゆふばりがは〕【夕張川】

北海道中西部を流れる川。夕張山地芦別岳に源を発し、江別市で石狩川に注ぐ。長さ136キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうばりがわ【夕張川】

北海道石狩支庁を流れる石狩川の支流。全長約140km,流域面積約1460km2。夕張山地に源を発するシュウパロ川,ペンケモユウパロ川,パンケモユウパロ川などがシュウパロ湖に注ぎ,夕張川となって流出する。この付近は夕張炭田(石狩炭田南半部)の地域にあたり,明治期から大正期にかけて開かれた南大夕張,真谷地(まやち)の炭鉱がある。シュウパロ湖から流出した夕張川は,夕張市紅葉山(もみじやま)地区から先行性の河谷となって夕張山地西部を横断し,馬追丘陵北端の栗山町市街地付近から石狩平野に出て江別市街地近くで石狩川に合流する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうばりがわ【夕張川】

北海道中西部を流れる川。源を夕張山地の芦別岳に発し、諸川を合わせ江別市で石狩川と合流。長さ約158キロメートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夕張川
ゆうばりがわ

北海道中央部、空知(そらち)総合振興局管内の南部を流れて石狩(いしかり)川に合流する川。延長136キロメートル。上流では夕張山地の芦別(あしべつ)岳に発するシュウパロ川、夕張岳に発するペンケモユウパロ川、白金(しろがね)川などが合流するあたりに人造湖のシュウパロ湖をつくり、さらに夕張市本町(ほんちょう)を流れる志幌加別(しほろかべつ)川をあわせて南下、川端(かわばた)ダム付近から山地を出て北西に向かい、由仁安平(ゆにあびら)低地を経て、馬追(うまおい)丘陵北端から石狩平野に出、江別(えべつ)市で石狩川に合流する。石狩平野ではかつては千歳(ちとせ)川に合流し、水害の多い荒れ川であったが、いまは放水路で石狩川と直結して洪水の心配が減じた。上流域の山間は夕張市の炭鉱地帯として開け、中下流域の平野部は水田地帯を形成、電源、灌漑(かんがい)などに役だっている。[柏村一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

夕張川の関連キーワード富良野芦別道立自然公園三菱大夕張炭鉱と鉄道夕張シューパロダム北海道夕張郡由仁町北海道夕張郡栗山町追分(北海道)北海道夕張市由仁[町]栗沢[町]栗山(町)夕張(市)夕張[市]南幌(町)長沼[町]南幌[町]由仁(町)栗山[町]幌向原野由仁町南幌町

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夕張川の関連情報