根曳の松(読み)ネビキノマツ

精選版 日本国語大辞典「根曳の松」の解説

ねびきのまつ【根曳の松】

地歌・箏曲。松本一翁作詞。三ツ橋勾当作曲。文政年間(一八一八‐三〇)成立。手事物に属する。正月の風物を述べためでたい曲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「根曳の松」の解説

ねびきのまつ【根曳の松】

地歌・箏曲の曲名。松本一翁作詞,三つ橋勾当作曲の手事物。大阪十二曲の一つともされ,また,《松竹梅》《名所土産(めいしよみやげ)》とともに,〈三役物〉という三味線手事の最高の曲とされる。正月の子(ね)の日に根のついた松を曳く行事にちなんで,初春の情景をさまざまに叙したもの。伊勢神楽から歌い出し,最初の手事に伊勢の大神楽を暗示,次に摂津田蓑島(たみののしま)のを叙して,中の手事となり,そのあと箏組歌《菜蕗ふき)》をもじって,最後の長い手事に入って,鶴の巣籠を表す〈巣籠地〉が合わされ,最後に正月の万歳から君が代を祝って終わる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の根曳の松の言及

【三つ橋勾当】より

…大坂で享和年間(1801‐04)ころ活躍。《松竹梅》《根曳の松》を作曲したが,各地各派でいろいろの替手が付けられている。この2曲は《名所土産》(作曲者不詳。…

※「根曳の松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android