コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格付(け) カクヅケ

デジタル大辞泉の解説

かく‐づけ【格付(け)】

[名](スル)
価値・地位・資格などによって物や人を分類し、段階をつけること。「一流品に格付けされる」
商品取引所で、標準品に対する他の銘柄の価格差を決めること。
債券の発行条件を決めるために行われる、発行会社のランクづけのこと。債券の信用度を判断する目安となる。一般的には、格付けが高いほど利回りは低くなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

外国為替用語集の解説

格付

債券について、元利金支払の安全性を、利害関係のない第三者(格付機関)が判定し、アルファベット等の簡単な記号により表示したもの。債券発行体の信用度を示す指標投資家が債券への投資判断を行う上での情報であると同時に、企業等が債券を発行する際の資金コストを左右する指標でもある。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

格付(け)の関連キーワードFitch Ratings Limitedインタレストカバレッジレシオ格付投資情報センターニューヨーク外債市場クレジットウオッチ宮崎ブランドポーク宮崎ハマユウポーク国際復興開発銀行中小企業格付けジャンクボンド外貨建てMMF日本農林規格マケドニア語事業継続管理ムーディーズ三品取引所ブランド牛ジャンク債生糸取引所格付け会社

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android