コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客家

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

客家

中国では人口の9割以上を占める漢族の中の一部グループとされているが、独自の言語や慣習を持つ。中原と呼ばれた古代王朝の中心地(黄河中流周辺地域)から、戦乱に追われて南方に移ったと伝えられ、主に広東福建江西省境界の山岳地に住んだ。香港、台湾、東南アジアへの移住が多く、それぞれの地で政治家企業家輩出客家の世界大会も定期的に開かれる。房学嘉氏によると人口は4、5千万人。

(2010-01-30 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

客家【ハッカ】

中国,広東省北東部,福建省,江西省,広西チワン族自治区の丘陵地帯に居住する漢民族の一種。台湾では桃園,新竹などに多く居住している。客家は,外来の移住者に対する呼称で〈よそもの〉の意といわれる。
→関連項目イポーインラック桃園福建土楼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハッカ【客家 Hakkas】

〈ハッカ〉とは客家という漢字の広東系客家語音で,外国人からは普通この音で呼ばれる。もともと客とは他郷から来た移住者の意味で,土着民が区別していった語である。中国南部の広東,湖南,江西,福建諸省の交界地域に居住する漢民族の一種で,とくに広東の梅県,興寧,大埔,恵陽の諸県に集中している。さらに広西・四川にも広がり,海南島,台湾のほか東南アジアの華僑に多く,総数約1500万人に上る。中国南部に移住してきた原因,経路には疑問があるが,彼らの伝承によれば,(1)4世紀初めの永嘉の乱,(2)9世紀末の黄巣の乱,(3)12世紀初めの北宋の崩壊,(4)17世紀の明の滅亡を契機として,黄河流域の漢民族がしだいに南下して以上の地域に定着し,先住の土着民から客家といわれ,やがてみずからもこれを他と区別する呼び名としたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハッカ【客家】

〔ハッカは「客家」の客家語読み〕
中国の広東省周辺で外来者として居住する漢族。華北からの移民と主張し、独特の風俗をもつ。しばしば武装闘争をおこし、太平天国運動の発端ともなった。東南アジア在住の華人に多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

客家
きゃくか

ハッカ(客家)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

客家
はっか
Hakka

漢民族のなかにあって独自の伝統、生活様式、および方言客家語を保持するとされる人々。「客家人」(ハッカアニン)と称するほか、「客族」(ハッツウ)、「客属」(ハッス)、「客人」(ハッニン)などの別称がある。原郷は、彼らのなかで、黄河中流域の中原(ちゅうげん)地方であると信じられている。紀元4世紀、東晋(とうしん)の時代以後、五胡(ごこ)乱華によって第1回の南渡を経験して以来、19世紀後半の清(しん)朝同治年間まで5回(説によっては3回)、南下移民を余儀なくされたとされる伝承がある。「客家」とはそもそも「客而家焉」(客にして家す)という義であり、移住先の広東(カントン/コワントン)省内で、先住の漢民族と区別する意味でつけられた他称であったとされる。
 人口は諸説があって一致しないが、1960年代の香港(ホンコン)崇正公会の推定では中国国内に4000万、華僑(かきょう)として500万であった。もっとも人口の多いのは広東省で約1550万、以下江西省、広西(こうせい/カンシー)チワン族自治区(ともに約500万)、福建省(約400万)、四川(しせん/スーチョワン)省(約250万)、台湾(約170万)などとなっている。太平天国の乱(1850~1864)の首領、洪秀全は客家出身であることがよく知られているが、そのほか、中国近現代の歴史的要人のうちには、客家出身とされる者が少なくない。
 近年の諸研究で「客家」は近代に「発見」された人々のカテゴリーであり、時代によって対象となる人々が異なっていたことが判明しつつある。[渡邊欣雄]
『飯島典子著『近代客家社会の形成』(2007・風響社) ▽瀬川昌久・飯島典子編『客家の創生と再創生』(2012・風響社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の客家の言及

【住居】より

…甘粛省東部の窰洞は,河南西部から山西,陝西北部一帯に分布するものと異なり,尖頭や放物線アーチ型をなし,洞内も高大な空間になる。
[客家の土楼]
 福建省竜岩地区に,客家(ハツカ)人の多数の家族が共同生活を営む巨大な集合住宅がある。環形と方形の2種があり,いずれも窓の少ない土壁の特異な外観を呈する。…

【台湾[省]】より

…本省人とは,第2次大戦終結前までに開拓を主な目的として,対岸の福建・広東両省から入台した漢族とその末裔を指す。本省人はまた使用言(母)語別に福佬(ふくりよう)人と客家(ハツカ)人の2系統に分かれる。前者は閩南(びんなん)(福建省南部の泉州と漳州が中心)と福佬語に近い潮州語をあやつる広東省潮州府出身者を含む。…

【中国料理】より

…例えば広東では結婚式の後,花嫁の初めての里帰りの際に,婚家は烤乳猪を持たせないと離縁を意味するという。〈焼全翅〉(鱶の鰭の姿煮),〈蠔油牛肉〉(牛肉のオイスターソースいため),〈東江塩鶏〉(客家風鳥の塩蒸し),〈客家鑲豆腐〉(客家風肉詰め豆腐のくず煮)も挙げておくべきであろう。客家(ハツカ)とは五胡乱華を契機に南遷し,梅県,東江地方を中心に住みついた中原の漢族の一分支で,華僑として世界各地にも進出している。…

【客家語】より

…使用人口は推定3700万。その顕著な字音特徴は古全濁声母の無条件無声有気化であるが,これは江西の贛(かん)諸方言にも見られ,贛客家を一つに分類する考えもある。客家の華北からの移住は比較的新しく,〈客〉の呼称は土着先住民に対する〈よそ者〉を意味する。…

※「客家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

客家の関連キーワード広西チワン(壮)族自治区ハッカ(客家)住宅支那チベット諸語ヤップ・ア・ロイショオ族(畲族)リー・クワンユープタリン通り福建の土楼太平天国バンカ島曽 永賢ショオ族北京官話葉 菊蘭上帝会馮雲山羅芳伯ペラ州唐君毅石達開

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

客家の関連情報