コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜間左陣 さくらまさじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜間左陣
さくらまさじん

[生]天保6(1835).11.18. 熊本
[没]1917.6.24. 東京
能楽シテ方。金春流。前名伴馬。細川藩に仕えた熊本の旧家桜間家の 17世。 21歳のとき,藩命により江戸に出て中村平蔵に学び,1879年再び上京,以後は東京で活躍。宝生九郎梅若実とともに明治三名人といわれた。堅実,華麗な芸で,ことに『道成寺』の鐘入りと『邯鄲 (かんたん) 』の飛込みは名高い。 1911年 77歳のときに,祖父の名の左陣を継いだ。 15年 81歳で,御大典宮中祝宴能で宗家に代って『高砂』の前ジテをつとめて引退した。金春流中興の祖であり,子の弓川と2代にわたって卓越した芸風をもって流儀を支えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さくらま‐さじん〔‐サヂン〕【桜間左陣】

[1836~1917]能楽師シテ方金春流。前名、伴馬(ばんま)。熊本細川藩に仕えた桜間家の17代目。のち東京で活躍、明治三名人の一人に数えられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくらまさじん【桜間左陣】

1835~1917) 能楽師。シテ方金春流。初名伴場ばんば。熊本生まれ。もと細川藩の能役者。のち上京し、鮮やかな演技で人気を得、明治三名人の一人に数えられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜間左陣
さくらまさじん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の桜間左陣の言及

【桜間伴馬】より

…能楽師。金春(こんぱる)流シテ方。伴馬は初名。1911年喜寿を記念し,左陣と改名。喜多流の友枝家とともに熊本の細川藩に仕えた名家である桜間家の17代目。21歳のとき,藩命により江戸へ出,金春流地謡方の名人中村平蔵に師事,数年滞在して帰省,ふたたび江戸に上ったとき維新に遭遇して下国,1879年(明治12)細川護久の勧めで3度目の上京をして以後東京に永住。充実した気迫と鮮烈な型は他の追随を許さず,16世宝生九郎,初世梅若実とならんで明治の三名人とうたわれ,晩年まで至芸を見せた。…

※「桜間左陣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桜間左陣の関連キーワード宝生九郎(16世)梅若 実(初代)梅若実(1世)桜間 道雄本田 秀男桜間 伴馬桜間道雄能役者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android