堅実(読み)ケンジツ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]手堅く確実なこと。確かであぶなげのないこと。また、そのさま。「堅実な手段」「堅実に生活する」
[派生]けんじつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① ものが堅くて丈夫なこと。また、そのさま。
※怪異弁断(1714‐15)五「山崩〈略〉土中に坎穴多くして、堅実(ケンジツ)ならざる処有て、分崩する者(もの)なり」
② 考え方、やり方などが手がたくたしかなこと。また、防備などがしっかりしていてあぶなげのないさま。
※丱余集(1409頃)下「中心堅実則悪愛不入」
※非凡なる凡人(1903)〈国木田独歩〉上「此気象に訓練を加へ、堅実(ケンジツ)なる有為の精神としたのである」
③ (━する) 果実などが堅いさま。また、堅くなること。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「此実は栗実の如く、外皮を破れば、中に堅硬なる白仁あり。之を鋸破すれば、堅実せること象牙の如し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堅実の関連情報