桶狭間古戦場伝説地(読み)おけはざまこせんじょうでんせつち

国指定史跡ガイドの解説

おけはざまこせんじょうでんせつち【桶狭間古戦場伝説地】


愛知県豊明市栄町にある古戦場跡。指定名称は「桶狭間古戦場伝説地 附戦人塚(つけたりせんにんづか)」。1560年(永禄3)、大軍を率いて尾張に侵攻した駿河の今川氏真・義元に対して、尾張の織田信長がその10分の1ともいわれる軍勢で今川軍を破った桶狭間の戦い。その古戦場の伝説地は、今川方の拠点である沓掛(くつかけ)城と鳴海(なるみ)城を結ぶ合戦当時の東海道からはやや南に離れているが、鳴海城方面に通じる谷筋の一角にある。『信長公記(しんちょうこうき)』では今川義元が「桶狭間山」に本陣を構えたと記録されているが、「桶狭間山」の位置はいまだ不明確であり、義元が戦死した場所を示す石碑や義元の墓、重臣松井宗信の墓、古戦場が放置されているのを嘆く弔古碑など、いずれも江戸時代になって石碑などが建てられた場所が、1937年(昭和12)に国の史跡に指定された。戦人塚は曹源寺の快翁龍喜和尚が命じて戦死者の屍(しかばね)を集めて葬った塚で、かつては「駿河塚」と呼ばれていたと伝えられ、塚上のは1739年(元文4)の180回忌の供養祭に建立されたものという。名鉄名古屋本線中京競馬場前駅から徒歩約2分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の桶狭間古戦場伝説地の言及

【豊明[市]】より

…市の北端にある若王子(にやくおうじ)池には古墳時代の集落跡若王子池遺跡がある。名鉄中京競馬場駅前の南方200mの地には桶狭間(おけはざま)古戦場伝説地(史)があり,戦死者を葬ったという戦人塚も残る。伝統芸能として大脇の梯子獅子,上高根の棒の手が伝わる。…

※「桶狭間古戦場伝説地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桶狭間古戦場伝説地の関連情報