コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅が枝 ウメガエ

5件 の用語解説(梅が枝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うめ‐が‐え【梅が枝】

梅のえだ。 春》「―をはづれて寒き入日かな/蓼太
[補説]作品名別項。→梅枝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅が枝 うめがえ

文耕堂ら合作の浄瑠璃(じょうるり)「ひらかな盛衰記」の登場人物
源平合戦のころ梶原源太景季の愛人千鳥は遊女となり,梅が枝を名のる。源太の出陣費用300両が必要になり,掛川の観音寺につたわる無間(むげん)の鐘の伝説をおもいだす。手水鉢(ちょうずばち)を鐘にみたててうち,無間地獄におちても金がほしいといのると小判がふってくる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

うめがえ【梅が枝】

山梨の日本酒。酒名は、梅を愛した創業者を偲び2代目が命名。原料米は美山錦、山田錦など。仕込み水南アルプスの伏流水。蔵元の「大久保酒造店」は天保3年(1832)創業。所在地は南巨摩郡富士川町大久保。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

梅が枝

香川県観音寺市、大西甘味堂が製造・販売する銘菓。餅米を蒸し砂糖とニッキを加え乾燥させたもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うめがえ【梅が枝】

〔「が」は格助詞〕
梅の枝えだ。 「 -に来ゐる鶯/古今 春上

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅が枝の関連キーワード素浄瑠璃吾妻浄瑠璃狂言浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃世界浄瑠璃本世話浄瑠璃難波浄瑠璃床浄瑠璃松田文耕堂

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梅が枝の関連情報