コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅が枝 ウメガエ

デジタル大辞泉の解説

うめ‐が‐え【梅が枝】

梅のえだ。 春》「―をはづれて寒き入日かな/蓼太
[補説]作品名別項。→梅枝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅が枝 うめがえ

文耕堂ら合作の浄瑠璃(じょうるり)「ひらかな盛衰記」の登場人物。
源平合戦のころ梶原源太景季の愛人千鳥は遊女となり,梅がを名のる。源太の出陣費用300両が必要になり,掛川観音寺につたわる無間(むげん)のの伝説をおもいだす。手水鉢(ちょうずばち)を鐘にみたててうち,無間地獄におちても金がほしいといのると小判がふってくる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

うめがえ【梅が枝】

山梨の日本酒。酒名は、梅を愛した創業者を偲び2代目が命名。原料米は美山錦山田錦など。仕込み水は南アルプス伏流水。蔵元の「大久保酒造店」は天保3年(1832)創業。所在地は南巨摩郡富士川町大久保。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

梅が枝

香川県観音寺市、大西甘味堂が製造・販売する銘菓餅米を蒸し砂糖とニッキを加え乾燥させたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

うめがえ【梅が枝】

〔「が」は格助詞〕
梅の枝えだ。 「 -に来ゐる鶯/古今 春上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

梅が枝の関連キーワード沢村 田之助(4代目)香川県観音寺市親敵討腹鞁榊原礼子源平合戦格助詞催馬楽出だす梅が香絵絣白妙古今組歌補説

梅が枝の関連情報