森長 英三郎(読み)モリナガ エイザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の弁護士



生年
明治39(1906)年1月10日

没年
昭和58(1983)年6月1日

出生地
徳島県

学歴〔年〕
日本大学〔昭和7年〕

経歴
昭和11年弁護士開業。人権派の在野法曹として、大逆事件再審、日本共産党のスパイ査問事件、終戦直後はプラカード事件など労働事件を弁護。「のあと」事件など、プライバシー訴訟も手がけた。著書に「生産管理の法律問題」「労働協約就業規則」「史談裁判」(4巻)「日本弁護士列伝」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android