コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由法曹団 ジユウホウソウダン

5件 の用語解説(自由法曹団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐ほうそうだん〔ジイウハフサウダン〕【自由法曹団】

大正10年(1921)神戸の労働争議弾圧に対する調査と抗議運動を契機に結成された弁護士の団体。労働者・農民・勤労市民の権利の擁護をその活動方針とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

自由法曹団【じゆうほうそうだん】

人権擁護や法制の革新を目的とする弁護士団体。1921年川崎造船所・三菱神戸造船所争議を機に山崎今朝弥布施辰治らが結成,労働・小作争議の弾圧や治安事件の弁護に当たったが,弾圧のため1935年ころ活動停止。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゆうほうそうだん【自由法曹団】

民衆運動弾圧事件の犠牲者への積極的な弁護・支援活動にあたってきた弁護士の団体。神戸の川崎・三菱神戸造船所争議の調査を契機に,1921年山崎今朝弥布施辰治,上村進,片山哲ら数十名によって結成され,亀戸事件や多数の労働争議・小作争議に関与した。26年の無産政党分裂で団の統一的活動が困難となり,さらに三・一五事件等の公判方針をめぐり左翼弁護士間の統一も崩れたが,個人の団を自称した活動が行われた。しかし33年左翼弁護士の組織,日本労農弁護士団への弾圧以後,事実上団の活動も終息した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゆうほうそうだん【自由法曹団】

勤労大衆の人権擁護・権利伸張を目的に、1921年(大正10)結成された弁護士の団体。神戸における労働争議弾圧に対する調査団活動をきっかけに結成された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自由法曹団
じゆうほうそうだん

大正~平成期の民主的弁護士団体。1921年(大正10)神戸の川崎・三菱(みつびし)造船所争議に際しての人権蹂躙(じゅうりん)事件に対する調査と抗議の運動を契機に、山崎今朝弥(けさや)、布施辰治(ふせたつじ)、吉田市三郎(いちさぶろう)らによって自由と民主主義を目ざして同年8月に創立された。各地の労働争議、小作争議事件の調査や弁護に活躍するほか、23年の関東大震災では朝鮮人や社会主義者虐殺の調査や抗議運動を行う。治安維持法下においては、28年(昭和3)の三・一五事件などの公判闘争や犠牲者救援などを通じて弾圧反対、権利擁護のために戦うが、弾圧は直接団にも及び、33年主要団員の検挙により活動は中断させられる。45年11月上村進(かみむらすすむ)を幹事長に再建。司法の民主化や労働運動の支援など民主主義運動の先頭にたち、とくに三鷹(みたか)事件や松川(まつかわ)事件には団の総力をあげて大衆的な裁判闘争を展開した。以来、護憲・人権擁護の立場からの運動を繰り広げている。[荻野富士夫]
『自由法曹団編『自由法曹団物語 戦前編・戦後編』(1976・日本評論社) ▽自由法曹団編『自由法曹団物語――世紀をこえて 上巻・下巻』(2002・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由法曹団の関連キーワード犠牲者積極的生まれながらの犠牲者拷問の犠牲者を支援する国際デー戦争の犠牲者阪神大震災の犠牲者と外国人南京大虐殺の犠牲者数リビアの犠牲者積極的治療労農救援会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自由法曹団の関連情報