コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森長英三郎 もりなが えいざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森長英三郎 もりなが-えいざぶろう

1906-1983 昭和時代の弁護士。
明治39年1月10日生まれ。昭和11年弁護士となる。治安維持法違反事件をあつかう。戦後自由法曹団にくわわり,労働事件を担当。三島由紀夫「宴(うたげ)のあと」訴訟プライバシー権をはじめて提起し,大逆事件再審請求も手がけた。昭和58年6月1日死去。77歳。徳島県出身。著作に「史談裁判」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森長英三郎
もりながえいざぶろう
(1906―1983)

弁護士。徳島県生まれ。農業学校を出て上京。明治学院、日本大学に一時在籍したが、その後浅草・山谷(さんや)方面で最底辺の放浪生活を送り、その間マルクス主義に触れ、歌舞伎(かぶき)など雑学を学んだ。1936年(昭和11)弁護士となり布施辰治(ふせたつじ)の指導を受けて活動を開始。戦時中、スパイ査問事件で治安維持法違反などに問われた宮本顕治の弁護を務めた。戦後は再建された自由法曹団に参加、多くの労働事件を手がけたほか、三島由紀夫の小説『宴(うたげ)のあと』によるプライバシー侵害事件、大逆事件の再審請求、丸正(まるしょう)事件の弁護などに携わった。また、戦前の裁判史に取り組み、『史談裁判』(1966~75)、『裁判自由民権時代』(1979)、『山崎今朝弥(けさや)』(1971)、『禄亭(ろくてい)大石誠之助』(1977)などを著した。[北河賢三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の森長英三郎の言及

【大逆事件】より

…坂本にいたっては幸徳方に書生として同居していたことが根拠となっている。 判決から50年目,唯一人の生存者坂本と森近の実妹栄子は,第2次大戦直後から生存者と連絡をとりあっていた森長英三郎弁護士らを代理人として大逆事件再審請求の申立てを東京高裁に提出した。以来再審手続にもとづく公開裁判を通じて,その真相は全国民の前に提示された。…

※「森長英三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

森長英三郎の関連キーワード山崎今朝弥内山愚童昭和時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android