コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森長英三郎 もりなが えいざぶろう

2件 の用語解説(森長英三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森長英三郎 もりなが-えいざぶろう

1906-1983 昭和時代の弁護士。
明治39年1月10日生まれ。昭和11年弁護士となる。治安維持法違反事件をあつかう。戦後は自由法曹団にくわわり,労働事件を担当。三島由紀夫「宴(うたげ)のあと」訴訟でプライバシー権をはじめて提起し,大逆事件再審請求も手がけた。昭和58年6月1日死去。77歳。徳島県出身。著作に「史談裁判」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森長英三郎
もりながえいざぶろう
(1906―1983)

弁護士。徳島県生まれ。農業学校を出て上京。明治学院日本大学に一時在籍したが、その後浅草・山谷(さんや)方面で最底辺の放浪生活を送り、その間マルクス主義に触れ、歌舞伎(かぶき)など雑学を学んだ。1936年(昭和11)弁護士となり布施辰治(ふせたつじ)の指導を受けて活動を開始。戦時中、スパイ査問事件で治安維持法違反などに問われた宮本顕治の弁護を務めた。戦後は再建された自由法曹団に参加、多くの労働事件を手がけたほか、三島由紀夫の小説『宴(うたげ)のあと』によるプライバシー侵害事件、大逆事件の再審請求、丸正(まるしょう)事件の弁護などに携わった。また、戦前の裁判史に取り組み、『史談裁判』(1966~75)、『裁判自由民権時代』(1979)、『山崎今朝弥(けさや)』(1971)、『禄亭(ろくてい)大石誠之助』(1977)などを著した。[北河賢三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の森長英三郎の言及

【大逆事件】より

…坂本にいたっては幸徳方に書生として同居していたことが根拠となっている。 判決から50年目,唯一人の生存者坂本と森近の実妹栄子は,第2次大戦直後から生存者と連絡をとりあっていた森長英三郎弁護士らを代理人として大逆事件再審請求の申立てを東京高裁に提出した。以来再審手続にもとづく公開裁判を通じて,その真相は全国民の前に提示された。…

※「森長英三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森長英三郎の関連キーワード女性弁護士の誕生天野末治井藤誉志雄乾政彦大山菊治高橋義次角田儀平治花井忠宮川光治北山六郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone