コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椀貸し伝説 ワンカシデンセツ

3件 の用語解説(椀貸し伝説の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わんかし‐でんせつ【×椀貸し伝説】

多数の膳や椀が必要なとき、塚・池・淵・洞穴などの前で頼むと貸してくれるという伝説。こわしたり、数をごまかしたりすると、以後貸してくれなくなるという。東北地方から九州まで広く分布している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わんかしでんせつ【椀貸し伝説】

多くの膳椀ぜんわんが必要な場合、塚や池・淵または山陰の洞穴などに頼めば貸してくれたという伝説。借りた膳椀を破損したり、数をごまかして返そうとしたために今では貸さなくなったという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

椀貸し伝説
わんかしでんせつ

慶事・弔事などで多くの膳椀(ぜんわん)が入用のときに、淵(ふち)や洞穴に頼めば貸してくれるという伝説。全国的な分布をもち、土地によっては膳椀淵、椀貸淵、椀箱淵、膳貸塚などと呼び名が異なる。愛知県岡崎(おかざき)市の乙(おと)川にある男竜(おりゅう)淵・女竜(めりゅう)淵は、昔、謂信寺(いしんじ)の稚児(ちご)がこの淵に入って竜宮王になったと伝え、それからのち、謂信寺で種々の器が必要なときには、紙に記して淵に沈めれば、ただちに膳が浮き上がってきた。あるとき、供物の膳の一部を手元に残して返したために、以後は貸してくれなくなったという。千葉県印旛(いんば)郡栄(さかえ)町の御椀(おわん)塚は、深い洞穴で、村人が膳椀を頼むと翌朝には取りそろえてあったといい、たまたま借りた器を返さぬ者がいたために、その後は貸さなくなったと伝える。椀の貸し主は、竜神、大蛇、乙姫(おとひめ)など水界の霊威である淵の主が多く、淵や洞穴は富や幸をもたらす異郷に通ずる場所と意識されていた。多くの話がなんらかの理由で椀貸しが停止された原因を説いており、とりわけ、借りた器の一部を返却しなかった、もしくは破損したためと説明する例が多い。なかには、返さなかった膳椀を代々伝えている家もあり、水界となんらかのかかわりをもつ家筋あるいは人物の存在が想定される。返さなかったと伝える椀のなかには、木地屋の紋所のついたものもあって、話の背後に木地師の関与も考えられる。[野村純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

椀貸し伝説の関連キーワードギプスベット五の膳三の膳膳棚脇膳祝の膳七五三の膳膳椀淵与の膳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone