コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊弓場 ヨウキュウバ

世界大百科事典 第2版の解説

ようきゅうば【楊弓場】

江戸期~明治期に市中で楊弓を遊ばせた遊戯場。江戸では矢場と俗称した。射た矢を集めるという名目で矢拾女(矢場女)がおり,客に接して向き合い,右手に弓を持ち,左手で巧みに射たという。後にはこれが私娼(ししよう)化し,的場の裏の小部屋などで接客した。また,的中者に景品を出したり,射的のように品物をつり下げて射させたので,楊弓場は売春と賭博(とばく)の両面で取締りの対象になった。天保改革で禁止されたが,すぐに復活し,浅草奥山には軒を並べていたが,明治中期ごろから衰退した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようきゅうば【楊弓場】

料金を取って楊弓を射させる遊戯場。矢取り女を置き、ひそかに売淫もさせた。的屋まとや。矢場。楊弓店。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

楊弓場の関連キーワード客引き売淫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android