楊弓場(読み)ヨウキュウバ

世界大百科事典 第2版の解説

ようきゅうば【楊弓場】

江戸期~明治期に市中で楊弓を遊ばせた遊戯場。江戸では矢場と俗称した。射た矢を集めるという名目で矢拾女(矢場女)がおり,客に接して向き合い,右手に弓を持ち,左手で巧みに射たという。後にはこれが私娼(ししよう)化し,的場の裏の小部屋などで接客した。また,的中者に景品を出したり,射的のように品物をつり下げて射させたので,楊弓場は売春と賭博(とばく)の両面で取締りの対象になった。天保改革で禁止されたが,すぐに復活し,浅草奥山には軒を並べていたが,明治中期ごろから衰退した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようきゅうば【楊弓場】

料金を取って楊弓を射させる遊戯場。矢取り女を置き、ひそかに売淫もさせた。的屋まとや。矢場。楊弓店。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ようきゅう‐ば ヤウキュウ‥【楊弓場】

〘名〙 料金を取って楊弓の遊戯をさせる家。江戸時代、享和(一八〇一‐〇四)ごろ起こり、神社の境内や盛り場などに設けられ、矢取り女を置いて客を呼び、ひそかに淫をひさぐこともあった。明治一九年(一八八六)以後、取締りがきびしくなり、次第にさびれた。矢場。楊弓店。楊弓屋。土弓場。
※雑俳・裏若葉(1732)「腰銭の矢だねを尽す楊弓場」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android