コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊弓場 ヨウキュウバ

3件 の用語解説(楊弓場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようきゅう‐ば〔ヤウキユウ‐〕【×楊弓場】

料金を取って楊弓で遊ばせた店。神社の境内や盛り場などに設けられ、矢取り女を置いて、ひそかに色を売らせた店もあった。矢場。楊弓店。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようきゅうば【楊弓場】

江戸期~明治期に市中で楊弓を遊ばせた遊戯場。江戸では矢場と俗称した。射た矢を集めるという名目で矢拾女(矢場女)がおり,客に接して向き合い,右手に弓を持ち,左手で巧みに射たという。後にはこれが私娼(ししよう)化し,的場の裏の小部屋などで接客した。また,的中者に景品を出したり,射的のように品物をつり下げて射させたので,楊弓場は売春と賭博(とばく)の両面で取締りの対象になった。天保改革で禁止されたが,すぐに復活し,浅草奥山には軒を並べていたが,明治中期ごろから衰退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようきゅうば【楊弓場】

料金を取って楊弓を射させる遊戯場。矢取り女を置き、ひそかに売淫もさせた。的屋まとや。矢場。楊弓店。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楊弓場の関連キーワード楊弓遊ばせ言葉遊ばせる妓楼小弓土弓遊戯的遊手遊女屋楊弓店

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone