コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終(わ)る オワル

1件 の用語解説(終(わ)るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おわ・る〔をはる〕【終(わ)る】

[動ラ五(四)]
続いていた物事が、そこでなくなる。しまいになる。済む。「授業が―・る」「一生が―・る」⇔始まる
(「終わった」「終わっている」の形で)廃れる。人気が衰える。「あの歌手はもう―・っている」
(「…におわる」「…でおわる」などの形で)期待された結果が得られないまま、それが最後の状態になる。「失敗に―・る」「夢で―・る」
動詞の連用形に付いて、動作・作用が完結する意を表す。…しおわる。…てしまう。「食べ―・る」
しまいにする。終える。「会議を―・ります」⇔始める
生命が尽きる。死ぬ。
「笑へるごとくにて―・り給ひにけり」〈著聞集・二〉
[可能]おわれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

終(わ)るの関連キーワード重なる再燃刺さる頻る滞るこぐらか・る立至る溜まる積重なる途絶

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone