終(わ)る(読み)オワル

デジタル大辞泉の解説

おわ・る〔をはる〕【終(わ)る】

[動ラ五(四)]
続いていた物事が、そこでなくなる。しまいになる。済む。「授業が―・る」「一生が―・る」⇔始まる
(「終わった」「終わっている」の形で)廃れる。人気が衰える。「あの歌手はもう―・っている」
(「…におわる」「…でおわる」などの形で)期待された結果が得られないまま、それが最後の状態になる。「失敗に―・る」「夢で―・る」
動詞の連用形に付いて、動作・作用が完結する意を表す。…しおわる。…てしまう。「食べ―・る」
しまいにする。終える。「会議を―・ります」⇔始める
生命が尽きる。死ぬ。
「笑へるごとくにて―・り給ひにけり」〈著聞集・二〉
[可能]おわれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android