コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終(わ)る オワル

デジタル大辞泉の解説

おわ・る〔をはる〕【終(わ)る】

[動ラ五(四)]
続いていた物事が、そこでなくなる。しまいになる。済む。「授業が―・る」「一生が―・る」⇔始まる
(「終わった」「終わっている」の形で)廃れる。人気が衰える。「あの歌手はもう―・っている」
(「…におわる」「…でおわる」などの形で)期待された結果が得られないまま、それが最後の状態になる。「失敗に―・る」「夢で―・る」
動詞の連用形に付いて、動作・作用が完結する意を表す。…しおわる。…てしまう。「食べ―・る」
しまいにする。終える。「会議を―・ります」⇔始める
生命が尽きる。死ぬ。
「笑へるごとくにて―・り給ひにけり」〈著聞集・二〉
[可能]おわれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

終(わ)るの関連キーワード終値(Closing Rate)ドラマティック・アイロニームハンマド アーザードフラストレーション西部戦線異状なしトキソプラズマ症ニャールのサガ人類最後の日々六輪一露之記トリウム系列いろはがるた西国三十三所多段ロケット三八式歩兵銃ソテツシダ類飛鳥井雅親地獄の季節オーウェンドゥバリア尺側蹄状紋