権力への意志(読み)けんりょくへのいし(英語表記)Der Wille zur Macht: Versuch einer Umwertung aller Werte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権力への意志
けんりょくへのいし
Der Wille zur Macht: Versuch einer Umwertung aller Werte

ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの遺稿断片のなかから実妹エリーザベトが"Studien und Fragmente"の副題のもとに選択編集したもの。初め彼女の3巻の伝記の一部として出版。のち 1901年1巻にまとめられ,さらに 06年大改訂が施されて2巻本として現在の表題で刊行。個々の思想はニーチェのものであるが,全体としては編集者の解釈が入り,「主著」といえるか疑問視されている。従来の思想,特にパウロ的キリスト教を,この世での弱さを来世での完成の問題にすりかえるとして批判し,さまざまな可能性を秘めた人間の内的,活動的生命力を根底とする高貴な新人間像の形成を説いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けんりょくへ‐の‐いし【権力への意志】

《〈ドイツ〉Wille zur Machtニーチェ哲学の中心概念の一。他を征服・支配し、自己生存の維持と拡大を図ろうとする生の根本衝動。存在の実相とされる。権力意志。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けんりょく【権力】 へ の意志(いし)

(Wille zur Macht の訳語) ドイツの哲学者ニーチェの思想の中心概念の一つ。生命あるものすべてが、その根底に持っている生への意志。強者は強者として、弱者は弱者として、基本的には正反対の形式で二様に現われるが、本質的には生の根底にある根本性格とされている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

権力への意志の関連情報