コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権田保之助 ごんだ やすのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

権田保之助 ごんだ-やすのすけ

1887-1951 大正-昭和時代の社会学者。
明治20年5月17日生まれ。大正10年大原社会問題研究所にはいり,13年渡欧。のち日大講師,文部省専門委員などをつとめる。昭和21年NHK常務理事。民衆の娯楽について調査・研究し,著作に「民衆娯楽論」などがある。昭和26年1月5日死去。63歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

権田保之助
ごんだやすのすけ
(1887―1951)

社会学者。明治20年5月17日生まれ。東京都出身。1914年(大正3)東京帝国大学文科大学哲学科(美学専攻)卒業。同大学助手を経て、1921年より大原社会問題研究所研究員。1924年渡欧。1925年帰国後、文部省の委託を受けて調査活動に従事するほか、政府の各種の委員会の専門委員として活動。1946年(昭和21)より日本放送協会(NHK)常務理事。都市化の進行する社会状況のもとで生活する大衆に焦点をあてて、生計費調査をはじめ各種の社会調査を実施し、多くの実証的な研究成果を残している。とくに、大衆が自分たちの生活のなかで目的的に追求した芸能ないし娯楽の実態を解明した『民衆娯楽問題』(1921)をはじめ大衆娯楽に関する研究は、今日のマス・レジャー問題を扱ううえで貴重な先駆的業績である。昭和26年1月5日死去。[本間康平]
『『権田保之助著作集』全4巻(1974~1975・文和書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の権田保之助の言及

【レジャー】より

…それに対応してナチズムもKDF(歓喜力行団)をつくり,大衆組織・統制の一環としてレジャーの組織化に大きな比重をおいていたことはよく知られている。日本でも大正期後半には権田保之助(1887‐1951)に代表されるようないくつかの〈大衆娯楽研究〉が顔をみせるし,1923年には大阪市社会部調査課編の《余暇生活の研究》(《労働調査報告》第19)といった先駆的な調査が行われるようになる。それは,日本でもずっとひよわいものではあれ,欧米の30年代に似た社会状況への胎動が始まっていることを示している。…

※「権田保之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

権田保之助の関連キーワード経済発展段階説ビュッヒャー国民経済昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android