横瀬古墳(読み)よこせこふん

国指定史跡ガイドの解説

よこせこふん【横瀬古墳】


鹿児島県曽於(そお)郡大崎町横瀬にある古墳。志布志(しぶし)湾沿岸の砂丘の内側に広がる肝属(きもつき)平野のほぼ中央に位置し、持留(もちどめ)川右岸の湿田に所在する古墳時代中期末(5世紀末)の前方後円墳。全長は約135m、後円部径72.5m、高さ約13.6m、くびれ部の幅は45m、前方部長62.5m、高さ9.6mで、周囲には幅11.3m~18.7mの周濠がめぐっており、外側にもさらに周濠があり、二重環濠の可能性も推定されている。この地域を代表する大型で外形が整った前方後円墳であることなどから、1943年(昭和18)に国の史跡に指定された。後円部の頂部には竪穴(たてあな)式石室が遺存。1960年ごろに盗掘を受け、鉄製の直刀などが出土したと伝えられていたが、1997年(平成9)と翌年に行われた発掘調査で、県内では珍しい円筒埴輪(はにわ)や形象埴輪(楯形・人物・器材)、鎧、勾玉(まがたま)滑石製品、須恵器(すえき)などが出土。円筒埴輪2基が鹿児島県立博物館に展示されている。JR日南線志布志駅から車で約19分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android