コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七人の侍 しちにんのさむらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七人の侍
しちにんのさむらい

日本映画。 1954年東宝作品。監督黒沢明。脚本黒沢明,橋本忍,小国英雄。主演志村喬,三船敏郎戦国時代,野盗に悩まされる農民たちが自衛のために7人の侍を雇い,野盗と戦って勝利するまでを描いた大型時代活劇。ベネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞を受賞し,60年には J.スタージェスが西部劇『荒野の七人』として再映画化している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しちにんのさむらい〔シチニンのさむらひ〕【七人の侍】

黒沢明監督・脚本による映画の題名。昭和29年(1954)公開。白黒作品。農村を荒らす野武士に立ち向かう浪人と農民たちの戦いを描く。出演、三船敏郎志村喬津島恵子ほか。ベネチア国際映画祭銀獅子賞、アカデミー賞美術賞受賞。「荒野の七人」(1960年、米国)など、海外でのリメークもされた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

七人の侍

1954年公開の日本映画。英題《Seven Samurai》。監督・脚本:黒澤明、脚本:橋本忍ほか、撮影:中井朝一。出演:志村喬、稲葉義男宮口精二、千秋実、加東大介、木村功、三船敏郎ほか。ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞。第9回毎日映画コンクール男優助演賞(宮口精二)受賞。海外での評価も高く、アメリカアカデミー賞では美術賞を受賞。『荒野の七人』(1960年)などの海外リメイク作品がある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しちにんのさむらい【七人の侍】

西部劇のスケールの大きさを日本映画にとり入れた黒沢明監督の時代劇。1954年製作。脚本は橋本忍,小国英雄,黒沢明による集団創作(各自別々に書いたシナリオを総合する方式)。戦国時代,貧しい農民たちが7人の侍を雇い,野武士の襲撃から村を守る物語である。複数のカメラを駆使した〈マルチカメラシステム〉とともに望遠レンズを多用し,エイゼンシテインらのソ連のサイレント映画モンタージュを思わせるダイナミックな編集によって迫力を盛り上げた戦闘場面がとくに高く評価され,〈アクション映画リアリズム〉を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七人の侍
しちにんのさむらい

日本映画。1954年(昭和29)作品。黒澤明監督。戦国時代、野盗の襲来に悩む農民たちが武士を雇って村を守ろうとする。勘兵衛(志村喬(たかし))を指揮者とする七人の侍(稲葉義男(よしお)、加東大介(だいすけ)、千秋実(ちあきみのる)、宮口精二、木村功(いさお)、三船敏郎(としろう))は、農民たちを巧みに組織しながら、先頭にたって戦い、秋の収穫期をねらって襲ってきた野盗の群れを壊滅する。その戦いで7人のうち4人が死ぬ。「勝ったのは百姓たちだ。わしたちではない」という勘兵衛の述懐が、大地とともに生きる人間、つまり生産する人間こそが勝利者であるとする結論になる。戦闘場面では、複数のカメラと望遠レンズの効果的な使用、編集の緊密さによって、すばらしくダイナミックなアクション・シーンを生み出した。アメリカ西部劇の手法を日本の時代劇に生かし、さらに迫力を盛り上げた黒澤監督の演出力は世界的な評価を得、同年のベネチア映画祭で銀獅子(じし)賞を受賞した。また、この作品が翻案されてアメリカ西部劇『荒野の七人』(1960)がつくられたほか、多くの追随作品を生んでいる。優れた娯楽性と力強い叙事詩性とが混然と融合した、3時間27分の時代劇映画の大作である。[品田雄吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

七人の侍の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七人の侍の関連情報