コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘成季 たちばなのなりすえ

6件 の用語解説(橘成季の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘成季
たちばなのなりすえ

[生]?
[没]文永9(1272)以前
鎌倉時代中期の文学者。従五位上。右衛門尉。大隅守,伊賀守などを歴任。建長6 (1254) 年に著わした説話集『古今著聞集 (ここんちょもんじゅう) 』によって知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐の‐なりすえ〔‐なりすゑ〕【橘成季】

鎌倉中期の文学者。諸兄(もろえ)の末裔光季の養子といわれる。伊賀守。文学・音楽にすぐれ、建長6年(1254)「古今著聞集」を編集した。生没年未詳。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

橘成季【たちばなのなりすえ】

鎌倉初期の下級貴族。生没年不詳。橘光季(橘諸兄の15代の孫)の養子で,琵琶・絵画をよくし,収集した詩歌管弦に関する物語を発展させて1254年《古今著聞集》を完成させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘成季 たちばなの-なりすえ

?-? 鎌倉時代の官吏。
右衛門尉をへて伊賀守(いがのかみ)となる。藤原孝時から琵琶(びわ)をまなび,藤原長雅につたえた。建長6年(1254)和漢の諸典籍から説話をあつめて「古今著聞集」をあらわした。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

橘成季

生年:生没年不詳
説話集『古今著聞集』の作者。父は九条道家,西園寺公経などに仕えた有季。鎌倉初期に生まれ,父と同じく九条道家や西園寺公経などに仕える五位の文士であったが,管弦を藤原孝道・孝時父子に習い,また和歌を藤原家隆・隆祐父子に習うなかで,いささか絵に自信があることから和歌,管弦などの話を探って絵巻物を作成することを思いたった。そのために諸家の記録や伝記を調べてゆくうちに,話の輪が広がって自分が仕える西園寺家出入りする人々や周辺の話などが集まって,ついに説話集を作ることになった。こうして30巻に編集された『古今著聞集』がなったのは建長6(1254)年のことである。年代順に部類分けされたその説話集は百科事典の趣を備えており,自身も何カ所かの説話に登場しており,当時の文士の関心をよく物語っている。その後の活動は不明ながら,琵琶を花山院長雅に伝えたという。<参考文献>五味文彦『平家物語 史と説話』

(五味文彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たちばなのなりすえ【橘成季】

鎌倉前期の文学者。橘光季の養子か。伊賀守。琵琶びわを藤原孝時から伝授されたほか、漢詩文・和歌をよくした。「古今著聞集」の編者。生年未詳。1282年以前に没か。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の橘成季の言及

【古今著聞集】より

…鎌倉時代の説話集。橘成季(たちばなのなりすえ)編。1254年(建長6)成立。…

※「橘成季」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

橘成季の関連キーワード本願寺名越時章メラミン混入粉ミルク事件Edward the Confessor開目鈔本願寺エドワード[1世]仙覚二月騒動西本願寺

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone