娑婆気(読み)しゃばけ

精選版 日本国語大辞典「娑婆気」の解説

しゃば‐け【娑婆気】

現世執着する心。俗世間における、名誉・利得などのさまざまな欲望にとらわれる心。世間体を飾ろう、みえをはろうとする気持。俗念。しゃばき。しゃばっき。しゃばっけ。
※消息(1899‐1900)〈正岡子規〉「時々は娑婆気を起して何やらの本が見たいの、誰やらの句集はないか、と」

しゃばっ‐け【娑婆気】

〘名〙 「しゃばけ(娑婆気)」の変化した語。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「の娑婆気(シャバッケ)の多い男が、何時まで那様(そんな)田舎なんかに退込(ひっこ)んで居られるもんで」

しゃば‐き【娑婆気】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「娑婆気」の解説

しゃば‐け【×娑婆気】

現世に執着する心。世俗的な名誉や利益を求める心。しゃばき。しゃばっけ。「娑婆気を起こす」「娑婆気が抜けない」
[類語]欲望欲求欲情欲念欲心欲気よくけ欲得利欲私欲我欲執着煩悩ぼんのう意欲色気野心野望向上心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android