コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欲望という名の電車 よくぼうというなのでんしゃA Streetcar Named Desire

6件 の用語解説(欲望という名の電車の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

欲望という名の電車
よくぼうというなのでんしゃ
A Streetcar Named Desire

アメリカの戯曲。3幕。 T.ウィリアムズ作。 1947年 12月3日エセル・バリモア劇場初演。南部の没落した名門の娘ブランチを通して,本来娼婦的性情をもちながら貴婦人らしくふるまう努力を続け,優雅なものに憧れつつも欲望に身をまかせずにいられない女の性の挫折と分裂を描いた作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よくぼうというなのでんしゃ〔ヨクバウといふなのデンシヤ〕【欲望という名の電車】

《原題A Streetcar Named Desireテネシー=ウィリアムズの戯曲。3幕。1947年初演。過去の夢を忘れられない米国南部の没落農園の娘ブランチの精神的破滅を描いたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

欲望という名の電車

1951年製作のアメリカ映画。原題《A Streetcar Named Desire》。テネシーウィリアムズの同名戯曲の映画化。監督:エリア・カザン、出演:ビビアン・リー、マーロン・ブランド、キム・ハンターカール・マルデンほか。第24回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同主演女優賞(ビビアン・リー)、助演男優賞(カール・マルデン)、助演女優賞(キム・ハンター)、美術賞(白黒)受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よくぼうというなのでんしゃ【欲望という名の電車 A Streetcar Named Desire】

アメリカの劇作家T.ウィリアムズの代表作。1947年初演。没落した南部の農園出身のブランチが,ニューオーリンズに住む妹を頼ってくるが,粗野な妹の夫スタンリーに過去の秘密を暴露されたうえ,手込めにされて精神に異常をきたす悲劇。ブランチの退廃美を抒情的に描きつつ,その分裂した心理を残酷なまでにえぐり,強烈な南部のにおいを舞台に色濃く漂わせる。1951年映画化(E.カザン監督,ビビアン・リー主演)。日本では文学座で杉村春子のブランチで紹介され,彼女の当り役となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よくぼうというなのでんしゃ【欲望という名の電車】

T =ウィリアムズの戯曲。1947年初演。アメリカの南部没落農の老嬢が、妹の夫である粗野な男にはずかしめられて精神の平衡を失う。人間の隠された欲望・分裂心理を南部の濃厚な雰囲気のなかに描く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欲望という名の電車
よくぼうというなのでんしゃ
A Streetcar Named Desire

アメリカの劇作家テネシー・ウィリアムズの三幕戯曲。作者の代表的傑作で、1947年初演。南部の没落農園の娘ブランチは、少女時代に恋愛結婚に破れてから、滅びゆく過去の伝統的教養に執着しながらも、一方では欲情を抑えきれずに身を持ち崩し、いまは現実逃避の夢のなかに生きる孤独な女性。劇は、彼女がニュー・オーリンズの場末に所帯をもつ妹を頼って訪れ、その家に寄食、粗野で現実的な義弟によって真実を暴かれ肉体を犯され、ついに精神に異常をきたして精神科病院に収容されるまでの物語を11場面で構成、彼女の精神崩壊の過程を叙情的に、かつ冷酷に追求して強烈な迫力を生み出している。題名はニュー・オーリンズに実在した「欲望街」線の路面電車のことで、ブランチはこれに乗り、「墓場」線に乗り換え、「極楽」で下車して妹の家にたどり着くという設定で、人間の運命を象徴させている。[鳴海四郎]
『田島博訳『欲望という名の電車』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の欲望という名の電車の言及

【ブランド】より

…陸軍士官学校から放校処分を受けたのち,ニューヨークの〈ドラマティック・ワークショップ〉に学び,女優であり演出家であったステラ・アドラーからスタニスラフスキーの演技論と技術を学ぶ。1944年,《ママの想い出》でブロードウェーにデビューし,47年エリア・カザンElia Kazan(1909‐ )演出の《欲望という名の電車》(1951年に同監督により映画化)で一躍スターとなり,〈スタニスラフスキー・メソッド〉とよばれる演技スタイルが流行するきっかけをつくり,〈アクターズ・スチュディオ〉のメンバーとなった。フレッド・ジンネマン監督《男たち》(1950)で映画にデビューし,《欲望という名の電車》,《革命児サパタ》(1952),《ジュリアス・シーザー》(1953)と3年つづけてアカデミー主演男優賞にノミネートされ,4年目の《波止場》(1954)でオスカーとニューヨーク映画批評家賞を受賞,〈メソッド・アクター〉としては最初の映画スターとなった。…

※「欲望という名の電車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

欲望という名の電車の関連情報