コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団就職 シュウダンシュウショク

デジタル大辞泉の解説

しゅうだん‐しゅうしょく〔シフダンシウシヨク〕【集団就職】

地方の中学・高校卒業生が、集団都会会社や商店などに就職すること。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

集団就職

1950~60年代、都会の中小企業や商店の人手不足を農村の若者が埋めた。義務教育を終えたばかりの15歳を乗せ、初の集団就職列車が走ったのが54年。60年代、職業安定所を経由して東京、神奈川に就職した中卒者は40万人に上った。安価な労働力は「金の卵」と重宝されたが、労働条件や生活環境は良好とはいえず、転職・離職する人も多かった。

(2013-10-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうだんしゅうしょく【集団就職】

地方の中卒者が東京,大阪など大都市の企業に労働省などの斡旋により集団で就職すること。集団就職は,1954年に東京・世田谷区の桜新町商店会が合同で求人を行い,東京都などの斡旋により,地方から中卒者が集団で上京したことに始まるといわれる。63年には労働省,都道府県,各公共職業安定所と日本交通公社がタイアップして集団就職が本格化した。最盛時の64年には35道県から7万8407人を記録,一時輸送機関として集団就職専用列車がのべ3000本もあったが,その後年を追うごとに減少し,76年には沖縄県1県だけ(261人)となり,労働省は77年からの廃止を決めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうだんしゅうしょく【集団就職】

集団で同一地域の会社・工場などに就職すること。特に高度成長期に、地方の中学・高校を卒業した者が、集団で都会の会社などに就職したことをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集団就職
しゅうだんしゅうしょく

地方の新規学卒者(中学・高校卒)が大都市の中小企業や商店などへ集団で就職することをいう。労働省(現厚生労働省)では、新規学卒者など一時に大量の赴任を必要とする場合には、計画的に集団赴任の方法を講じ、これによる赴任者を「集団就職者」とよんでいた。歴史的には、1954年(昭和29)求人難に悩む東京都区内の商店会が共同で公共職業安定所に中学卒業生の就職斡旋(あっせん)を依頼したのが最初であり、その後1957年から労働省も先の方法を講じ、集団就職に積極的に乗り出した。集団就職は、新規学卒者が第二次・第三次産業に大量に採用された高度成長期の産物である。彼らの県外就職率は、1972年まで年を追って上昇し、最高時で中卒35.0%、高卒32.5%に達している。とりわけ東北、山陰、北九州、南九州からの就職者が多数を占め、集団就職が第一次産業に従事する世帯主の子弟に主として担われたことを示している。
 しかし、集団就職は1960年代後半から少なくなり、1970年代後半になると急速に減少、1980年代に入るとほとんどみられなくなり、その役割は終了した。沖縄県は新卒者の地元での就職率が低かったため、県外就職者は増大していたが、1980年代後半以降は減少を続けている。全体に県外就職率は年々低下しているが、これは、大都市における求人が低下するとともに、新規学卒者が地元での就職を希望するようになったことなどによる。しかし、地元での就職も、新規工業立地の停滞や既存企業からの求人の減少などによって困難な状況にある。[三富紀敬]
『高沢武司他編『集団就職 その追跡研究』(1967・明治図書出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

集団就職の関連キーワード本土の奄美出身者産業カウンセラー永山 則夫井沢 八郎歌声喫茶ひよっこ永山則夫工場

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集団就職の関連情報