コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正眼 セイガン

デジタル大辞泉の解説

せい‐がん【正眼】

正視すること。
「然る後ふと―を得てさて観ずれば」〈二葉亭浮雲
(「青眼」「晴眼」「星眼」「清眼」とも書く)構え方の一。剣の先を相手の目の位置に向けて中段に構えること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

正眼の関連キーワード神奈川県足柄下郡箱根町湯本岐阜県美濃加茂市伊深町湯本温泉(神奈川県)愛知県小牧市三ツ渕早乙女主水之介美濃加茂(市)足利 紫山斎藤 信也五行の構え梶浦 逸外宇都宮公綱河野古亮徹翁義亨永山本興直翁宗廉大歇勇健雪潭紹璞天先祖命橋本峨山片手正眼

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android