コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田祐吉 たけだ ゆうきち

デジタル大辞泉の解説

たけだ‐ゆうきち〔‐イウキチ〕【武田祐吉】

[1886~1958]国文学者。東京の生まれ。厳密な文献学的方法に基づいて万葉集などの上代文学を研究、多くの校訂や考証を行った。著「上代国文学の研究」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田祐吉 たけだ-ゆうきち

1886-1958 大正-昭和時代の国文学者。
明治19年5月5日生まれ。大正5年から東京帝大の佐佐木信綱のもとで「万葉集」校訂にあたり,「校本万葉集」を刊行。15年国学院大教授。「万葉集」を中心とした上代文学の文献学的研究をすすめ,昭和25年学士院賞。昭和33年3月29日死去。71歳。東京出身。国学院大卒。著作に「万葉集全註釈」「上代国文学の研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武田祐吉
たけだゆうきち

[生]1886.5.5. 東京
[没]1958.3.29. 東京
国文学者。文学博士。 1913年國學院大學国文科卒業。 1926年同大学教授。佐佐木信綱らと『校本万葉集』 (1924~25) の編纂を行なうなど,『万葉集』を中心とする上代文学の研究に多大の業績を残した。主著『古事記研究帝紀攷』 (1944) ,『万葉集校訂の研究』 (1949,学士院賞) ,『古事記説話群の研究』 (1954) ,『増訂万葉集全註釈』 (1956~57) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武田祐吉
たけだゆうきち
(1886―1958)

国文学者。東京生まれ。1913年(大正2)国学院大学国文科卒業。のち同大学教授、文学部長。文学博士。厳しい文献学的方法に基づく堅実な学風と新見に富む研究により、国文学とくに上代国文学研究の発展に多大の寄与をなした。共編の『校本万葉集』(1923)のほか、『上代国文学の研究』(1921)、『万葉集全註釈』全16冊(1948~51)、『古事記説話群の研究』(1954)など著書多数。49年(昭和24)日本学士院賞受賞。『魚服集』(1938)などの歌集もある。[遠藤 宏]
『『武田祐吉著作集』全八巻(1973~75・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

武田祐吉の関連キーワード佐佐木 信綱佐藤 謙三逸文風土記武田 祐吉昭和時代日本書紀折口信夫沢瀉久孝歌経標式佐藤謙三祝詞武田

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武田祐吉の関連情報