コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵堆 むさしたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武蔵堆
むさしたい

北海道礼文島の南南西にある日本海中の浅所。最浅点は 150m前後。 1925年測量艦『武蔵』によって発見され,武蔵堆と命名された。堆はほぼ平坦で 200m以浅のところは玄武岩,流紋岩,ケイ質泥岩などの岩盤で,これらと同質の礫も発見されている。この付近はサバ,タラ,タチウオなどの好漁場となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

武蔵堆【むさしたい】

北海道留萌(るもい)地域の沖,日本海にある。北緯44°〜45°,東経140°〜141°の範囲にあり,1925年測量艦〈武蔵〉が発見。大堆と小堆に分かれ,頂部は平たんな台地状を呈し,最浅地点は10m。
→関連項目日本海留萌[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武蔵堆
むさしたい
Musashi Bank

北海道礼文(れぶん)島の南南西にある日本海の堆(たい)。200メートルより浅い所は、ほぼ北緯44度10分から45度、東経140度から140度20分に及び、もっとも浅い部分は水面下31メートルである。1925年(大正14)旧日本海軍水路部の測量艦武蔵が発見した。サバ、タチウオ、タラなどの好漁場である。堆は玄武岩、石英粗面岩の岩盤で、これらの礫(れき)もある。なお、武蔵は排水量1502トン、1888年(明治21)横須賀(よこすか)で建造されたスループ艦で、1922年特務艦となり、28年(昭和3)まで測量艦として就役した。[半澤正男・高野健三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例