コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史地図 れきしちずhistorical map

2件 の用語解説(歴史地図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴史地図
れきしちず
historical map

歴史時代の地理的事象を表わした地図。過去のそれぞれの時代の景観や状態を復元したもので,古地図との違いはその時代に作成したものでなく,後世になって資料や文献から復元図化したものであること。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れきしちず【歴史地図】

過去の一時期,またはいくつかの時期における地名や地表景観を描示した地図。歴史を知るためにわざわざ作られる地図であって,いわゆる古地図のことではない。限定された一時期の状況を示す〈断代図〉,複数の時期の状況をまとめて示す〈通史図〉に分かれる。前者はしばしば図帳形式をとり,後者は多く現勢図と一体になる。古くから歴史地図の作成が盛んであった中国における作品に例をとると,宋の税安礼の《歴代地理指掌図》(1100ころ)は,収載図の大部分を〈断代図〉とする図帳であり,西安碑林の《禹跡図(うせきず)》(1136)は,〈古今州郡名・古今山水地名〉を記載する現勢図兼通史図である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歴史地図の関連情報