コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直隷派 ちょくれいは Zhi-li-pai

5件 の用語解説(直隷派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直隷派
ちょくれいは
Zhi-li-pai

中国の北洋軍閥の一派。馮国璋曹こん呉佩孚,斉燮元,孫伝芳らが中心であった。 1917年頃にこの名称が生れ,22~24年が全盛期で,北京政府を支配下においたが,28年北伐成功に伴う北洋軍閥の全滅によって消滅した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょくれい‐は【直隷派】

中華民国初期の北洋軍閥の一。直隷省(河北省)出身の馮国璋(ふうこくしょう)・曹錕(そうこん)呉佩孚(ごはいふ)らが中心。安徽派奉天派を抑え、1920年には北京政府の実権をにぎったが、北伐軍に駆逐され、1928年には消滅した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

直隷派【ちょくれいは】

北洋軍閥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちょくれいは【直隷派】

中国、民国時代の軍閥の一。直隷(河北省)出身の馮国璋ふうこくしようらを中心とし、のち曹錕そうこん・呉佩孚ごはいふらに率いられる。1924年第二次奉直戦争後衰退した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直隷派
ちょくれいは

中国の軍閥の一派。直隷省(現河北省)出身の馮国璋(ふうこくしょう/フォンクオチャン)、曹(そうこん)、山東省出身の呉佩孚(ごはいふ/ウーペイフー)らが中心で、イギリス、アメリカの勢力に支えられ、民国初年、日本が援助する段祺瑞(だんきずい/トワンチールイ)の安徽(あんき)派、張作霖(ちょうさくりん/チャンツオリン)の奉天派と対立抗争を続けた。1920年の安直戦争で段祺瑞を押さえ、また22年の奉直戦争で張作霖に勝って、北京(ペキン)政界に勢威を振るい、23年から24年にかけて曹が大総統になった。ところが24年、第二奉直戦争で敗れ、その後、26年には北伐軍による攻撃の矢面にたった張作霖と組んだが、結局、蒋介石(しょうかいせき/チヤンチエシー)らの北伐軍に駆逐され、完全に勢力を失った。[安藤彦太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の直隷派の言及

【軍閥】より

…北洋軍閥は華北・華中の要衝をおさえることにより,周辺の諸軍閥をしたがえたのである。袁世凱の死後,北洋軍閥は段祺瑞の安徽派と馮国璋の直隷派に分裂し,雲南,広西方面には陸栄廷,唐継尭らの西南軍閥が割拠した。ここに南北分裂がはじまり,北京の中央に対立する広東政府の登場をみる。…

※「直隷派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直隷派の関連キーワードヒルト華夷チャイナ中文唐画中華街中国銀聯中国茶の日中国醤油孔子学院

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone