コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺狗記 さっくきSha-gou-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殺狗記
さっくき
Sha-gou-ji

中国,明初の戯曲。徐しん (じょしん) の作。「さっこうき」とも読む。 汴京 (べんけい) の富豪孫華が酒色にふけるのを妻の楊氏が奇計をもって改心させる話。元代の戯曲『楊氏女殺狗勧夫』を改作したもの。『荊釵記』『白兎記』『拝月亭』とともに四大南戯と称され,初期南曲の代表作の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さっくき【殺狗記 Shā gŏu jì】

中国,元末・明初の戯文。徐(じよしん)の作。富豪の孫華が弟を虐待して無頼の徒と交わるのを見かねた妻の楊氏が,犬を殺して衣服を着せ,裏門に捨てておく。孫華は殺人の嫌疑のかかるのをおそれるが,無頼の友は力になってくれず,かえって弟が誠意をもって処理してくれたことに感激して改心する。元の雑劇《楊氏女殺狗勧夫》の改編であるが,用語に読書人の雰囲気があるのは,明代戯文の方向を示すものである。【岩城 秀夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

殺狗記の関連キーワード殺狗記(さっこうき)中国演劇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android