コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉見百穴 よしみひゃくあな

5件 の用語解説(吉見百穴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉見百穴
よしみひゃくあな

「よしみひゃっけつ」とも呼ばれる。埼玉県吉見町,荒川の支流市ノ川に面する比企丘陵の北斜面にある横穴古墳群。 200基あまりの横穴があり,1887年坪井正五郎によって,勾玉,鏡,金銀環,刀などの金具や土器類が発掘されて有名になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よしみ‐ひゃくあな【吉見百穴】

埼玉県中部、比企郡吉見町にある横穴墓群。凝灰岩の丘陵斜面にあり、7世紀のもので、現在200個ほどが開口する。よしみのひゃくあな。よしみひゃっけつ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よしみひゃっけつ【吉見百穴】

埼玉県比企郡吉見町北吉見に所在する横穴墓で,現在230基ほどの横穴が開口している。古墳時代末(7世紀)の代表的な横穴墓群である。古くからその所在は知られていたが,1887年坪井正五郎発掘調査し,コロボックルの住居跡として発表して以来,住居説,墳墓説の論争の舞台となり,一躍〈吉見の百穴(ひやくあな)〉として有名になった。遺跡は前方に市野川流域の大沖積地帯をのぞむ第四紀凝灰岩層からなる吉見丘陵の急斜面を利用してうがたれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

よしみひゃっけつ【吉見百穴】


埼玉県比企郡吉見町北吉見にある古墳時代後期(6~7世紀)の横穴墓群。「よしみひゃくあな」とも呼ばれる。凝灰岩でできた丘陵の斜面に219基の横穴が蜂(はち)の巣状に開口しており、穴の入り口は直径1m程度だが、内部はもう少し広くなっていることが多い。横穴は古墳と同様の石室の構造をもち、羨門(せんもん)・羨道・玄室からなっている。玄室は高さ1.5m、幅2m、奥行き2~3mが平均的な規模で棺座を設けたものがある。多くの穴の入り口には段差状の構造があり、緑泥片岩で作られた板状の蓋がはめ込まれていた。これは、後から穴を容易に開閉し、複数の台座状構造と合わせて、同一の穴に追葬が行われたことを示すものとされている。1923年(大正12)に国史跡に指定された。斜面下方の穴の中に自生する稀少種ヒカリゴケ天然記念物に指定され、保護されている。東武東上線東松山駅から徒歩約20分。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉見百穴の関連情報