コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比謝川 ヒジャガワ

2件 の用語解説(比謝川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひじゃ‐がわ〔‐がは〕【比謝川】

沖縄県、沖縄本島中部を流れる、同島最大の流域面積をもつ川。読谷山(よみたんさん)岳(標高236メートル)に源を発し、台地を貫流して中頭(なかがみ)郡嘉手納(かでな)町を通り読谷村渡具知(とぐち)で東シナ海に注ぐ。長さ18.5キロ。本島南部の水源として利用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比謝川
ひじゃがわ

沖縄本島中部にある本島最長の河川。延長14.5キロメートル、流域面積49.66平方キロメートル。読谷(よみたん)山岳(201メートル)に源流をもち、台地を貫流し嘉手納(かでな)町街地を通り読谷村渡具知(とぐち)港で東シナ海に注ぐ。河口は帆船時代には物資の集散地であった。上流部には瑞慶山(ずけやま)ダムがあり、河川水の取水など水源機能として知られているが、とくに下流部で水質汚染が今日問題視されている。[目崎茂和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

比謝川の関連情報