コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比較生理学 ヒカクセイリガク

3件 の用語解説(比較生理学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひかく‐せいりがく【比較生理学】

各種の生物あるいは器官での生理機能を比較し、系統による分化・変異を研究する生理学の一分野。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひかくせいりがく【比較生理学】

生理学の一分科。各種の生物の生理現象を比較研究することにより、生理学上の一般法則を明らかにする学問。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比較生理学
ひかくせいりがく
comparative physiology

生物の個体や部分の機能を、生物界を構成するさまざまな生物種にわたって比較研究する学問をいう。生物に共通した生理機能の解明を目ざす一般生理学と対(つい)をなす概念であるが、一般生理学と比較生理学とは、生理学の異なる分野をさすものというよりは、研究上の立場、方法論による区別と理解すべきものである。すなわち、前者の方法がより演繹(えんえき)的であるのに対し、後者はより帰納的な性格をもつ。
 比較生理学の研究では、対象とする生理機能が生物の種類により、さらには生物の系統上の位置に従って、どう変化するかに注目する。このため、比較生理学の研究によって、生理機能の進化について考えるうえで重要な知識が得られる。さらに、比較生理学の知識は、生物の系統進化の研究に有用である。
 比較生理学の研究が盛んになったのは、19世紀以降のことである。J・P・ミュラーは、「生理学は比較に基づかねばならぬ」と唱え、比較生理学の基礎を築いた。その後の比較生理学の研究は、おもに動物生理学者によって進められ、原生動物、無脊椎(むせきつい)動物、脊椎動物にわたる動物が研究対象とされてきた。1924年には動物学者のK・v・フリッシュとキューンによって『比較生理学雑誌』Zeitschrift fr vergleichende Physiologie(1972年以降The Journal of Comparative Physiologyという英名に改称)が創刊され、比較生理学は隆盛期を迎えた。現在の比較生理学は、比較生化学や比較薬理学など、生化学的あるいは薬理学的な側面からの研究と密接に関連した学問領域を形成している。国際的な研究連絡組織として、国際生物科学連合International Union of Biological Sciencesのなかに比較生理生化学部門が設けられ、1984年以来、3、4年ごとに国際会議を開催している。わが国からは、日本動物生理学会がこの部門に加入して活動を行っている。[高橋景一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

比較生理学の関連キーワードウリジル酸器官細胞小器官相似比較解剖学実質栄養生理学痕跡器官消失の法則すい臓生理学的装蹄 (physiological shoeing)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone