コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛付け ケヅケ

デジタル大辞泉の解説

け‐づけ【毛付け】

馬の毛色。
昔、諸国の牧場から馬を献上するとき、毛色を書き留めたこと。また、その文書やそれをする役目。
昔、戦場で、それぞれが主な敵を求め、その鎧(よろい)の威毛(おどしげ)などに注目して、討ち取る目標としたこと。
田畑に稲・麦などの作付けをすること。
その年の年貢高を定めるために、作物の出来ぐあいを認定すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けづけ【毛付け】

馬の毛色。
馬の毛色を書き留めること。また、その文書。
軍陣で、敵の鎧よろいの縅毛おどしげなどに注目して、討ち取ることを競うこと。
田畑に稲・麦などを植えつけること。
〔「けつけ」とも〕 その年の作物の出来具合を認定すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

毛付けの関連キーワード出来具合作付け諸国威毛戦場役目軍陣田畑毛色

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android