氏子入り(読み)うじこいり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氏子入り
うじこいり

村の氏神 (鎮守) の氏子になること。多くは新生児が生後1ヵ月前後に初めて宮参りすることで,そのとき赤子を泣かせたり,額に墨をつけたりするのが一般的。また7歳,15歳であらためて氏子入りするところもある。7歳での氏子入りは,それまでを神の子と考え,この年から一人の人間と認めて氏子とするもの。 15歳で行うものは,この年に成人式をして一人前と認めることによる。なお,他村から来た嫁や婿が,結婚式の直後に氏子入りの儀礼をすることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うじこいり【氏子入り】

出生後初の宮参りによって,氏神氏子となること。氏子入りは生児が村の一員として認められるという意味があった。さらに7歳の祝いの宮参りによって,改めて氏子入りをするという習慣もあった。〈七つまでは神のうち〉といって,7歳の祝いは幼年期が終わり社会生活に入る関門として重視され,このときに氏子入りをして宮座帳に登録された。明治初期には7歳になると神主が氏子札を出す制度もあった。【大藤 ゆき】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うじこいり【氏子入り】

新生児が初めて氏神に参り、その氏子に加わる儀礼。嫁・婿が婚礼の際に婚家の氏神に参って氏子入りをする所も多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android