気が抜ける(読み)キガヌケル

  • が 抜(ぬ)ける
  • 気(き)が抜・ける

デジタル大辞泉の解説

気持ちの張りがなくなる。「試験が終わって―・ける」
飲み物などの風味がなくなる。「―・けたビール」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① 魂が体から抜ける。ぼんやりする。正気(しょうき)を失う。
※浄瑠璃・大内裏大友真鳥(1725)四「ハテとでも無い、きつう吾御寮は気(キ)が抜(ヌ)けた」
② (腰をおられて)やる気がなくなる。拍子ぬけがする。
③ 本来の香り、匂い、味などがなくなる。多く、ビール、ウイスキーなどの酒類やサイダーなどについて用いられる。
※野分(1907)〈夏目漱石〉三「先生は宵越の麦酒の如く気(キ)の抜(ヌ)けた顔をしてゐるので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android