コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砕ける/摧ける クダケル

デジタル大辞泉の解説

くだ・ける【砕ける/×摧ける】

[動カ下一][文]くだ・く[カ下二]
固い物やかたまりになっている物が、衝撃などで小さくばらばらになる。「コップが粉々に―・ける」「波が―・ける」
釣り合いがとれなくなって、くずれる。また、何かをしようとする気持ちや勢いがすっかり衰える。くじける。「腰が―・ける」「闘志が―・ける」
堅苦しさが取れて打ち解ける。「雰囲気が―・けてくる」
話・文章などが、わかりやすくなる。「―・けた表現」
深刻に思い悩む。
「むらきもの心―・けてかくばかり我(あ)が恋ふらくを知らずかあるらむ」〈・七二〇〉
形が整わなくなる。いい加減になる。
「歌姿のあまりに―・けて侍る」〈落書露顕

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

砕ける/摧けるの関連キーワードクロカンブッシュ打ち上げ波跡心の砕ける音クラッカーチュアブルさつま白波木っ端微塵有限振幅波ラテライト玉と砕ける強化ガラス七花八裂むりむりぽろぽろクランチ石走る太東崎捌ける大王崎安乗崎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android