コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頽れる クズオレル

デジタル大辞泉の解説

くず‐お・れる〔くづほれる〕【×頽れる】

[動ラ下一][文]くづほ・る[ラ下二]
《「おれる」を「折れる」の意に解して》気力が抜けて、その場に崩れるようにして倒れたり、座り込んだりする。「悲しみのあまりその場に―・れる」
気落ちする。
「私は―・れた気持で…呆(ぼ)んやりながめていた」〈林芙美子・放浪記〉
体力や思考力が衰え弱る。衰弱する。
「老いねど、―・れたる心地ぞするや」〈・少女〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くずおれる【頽れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 くづほ・る
くずれるように倒れたり、座り込んだりする。 「へなへなとその場に-・れる」 「情なさけにもろく-・れつ/婦系図 鏡花
体力が衰える。 「魚を食はで、-・れて下るあひだ/宇治拾遺 4
気がくじける。気が弱る。 「例のことなれば、しるしあらじかしと-・れて/源氏 紅葉賀

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頽れるの関連キーワード紅葉賀心地

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android