コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気嚢 きのうair sac

翻訳|air sac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気嚢
きのう
air sac

(1) 鳥のに続く空気を満たしている嚢状器官。筋肉,骨格,さらに各器官の間に入り込み,飛翔のために体の比重を軽くする働きをもつとともに肺内の呼吸気流の効率化を助ける。 (2) 昆虫類気管に付随する嚢状器官。空気を満たし,体重を軽くする。気管のような,管径を保持するためのキチン質の輪は存在しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐のう〔‐ナウ〕【気×嚢】

鳥類の肺に付属する薄膜の袋。中に空気を蓄えて体を浮きやすくさせ、また呼吸を助けるなどの働きをする。
昆虫の気管の一部が拡大して袋状となったもの。
飛行船気球の、浮揚のためのガスを入れる袋。ガス袋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気嚢
きのう

鳥類と昆虫にみられる空気を満たした嚢で、体を浮きやすくするのに役だつ器官。
(1)鳥類では、肺が膨出し内部に空気を満たしている大形の嚢である。薄膜からなり、内臓や筋肉、骨格の中にまで入り込み、鳥の体を大きさのわりには軽くしており、飛ぶ目的にかなっている。気嚢の入り込んだ骨は含気骨とよばれ、骨髄にかわって気腫(きしゅ)が形成されている。なお、爬虫(はちゅう)類のカメレオンの肺には、数個の盲嚢がみられ、気嚢の先駆とされる。
(2)昆虫の気嚢は、気管の主幹が拡大して大形の嚢となったもので、気管嚢ともいう。気管では、キチン質の内膜に螺旋(らせん)状の隆起がみられるが、気嚢にはこれがない。空気を蓄え、体重を軽くして、飛行の目的にかなうように変化したものと考えられる。[町田武生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android