コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水主役 かこやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水主役
かこやく

江戸時代,沿岸農漁村民に賦課した雑税の一つ。本来は海上労働用の夫役徴収であったが,金銀納,米納化したものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かこやく【水主役】

中世、領主が沿岸領民に課した夫役ぶやく。船の水夫かことして徴発した。
江戸時代、種々の名目で沿岸住民に課せられた夫役。夫米ぶまい・夫金ぶきんとして代納された所が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水主役
かこやく

江戸時代、領主が漁村から船の乗組員として徴発した夫役(ぶやく)の一種。加子役、舸子役とも書く。中世からみられたが、江戸初期に米納または金納に転化した所が多い。また地域によっては小物成(こものなり)の一部に含まれた所もある。水主役高は棟別(むねべつ)あるいは水主人数を基準に決定された。領主に水主役を負担することによって、漁民は地先漁場の占有権を獲得した。豊臣(とよとみ)秀吉は朝鮮出兵に際して全国的規模で水主を徴発し、水軍に加えた。瀬戸内海の讃(さん)州塩飽(しわく)島では、朝鮮出兵に際して水主650人、船32艘(そう)が今治(いまばり)城主福島正則(まさのり)の支配下に割り当てられた。その後、塩飽島は幕府の直轄領となり、役加子数44人、船数443艘で幕府の御用水主浦となった。[川鍋定男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水主役の関連キーワード水主浦・舸子浦・加子浦漁業年貢中世水夫

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水主役の関連情報