コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水晶岳 スイショウダケ

5件 の用語解説(水晶岳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいしょう‐だけ〔スイシヤウ‐〕【水晶岳】

富山県南東部、黒部川水源の最高峰。二つの峰をもつ山で標高は南峰2986メートル、北峰2978メートル。山稜東側に圏谷(カール)と堆石(モレーン)が、山腹にミヤマウスユキソウの群落がある。中部山岳国立公園に属する。黒岳。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

水晶岳【すいしょうだけ】

富山県,飛騨山脈にある山。標高2986m。東側からみると黒くみえ,黒岳とも呼ばれている。山体は花コウ岩からなり,一部結晶片岩が露出する。南側には水晶小屋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕水晶岳(すいしょうだけ)


黒岳(くろだけ)

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水晶岳
すいしょうだけ

黒岳」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水晶岳
すいしょうだけ

富山県富山市にある山。北アルプスの中央部にあり、標高2986メートル。黒岳は信州側の山名。江戸時代加賀(かが)藩の黒部奥山廻(まわ)りは六方石(ろっぽうせき)山とよんでいたが、のちに水晶岳とよぶようになった。地質は花崗閃緑(かこうせんりょく)岩で構成され、山稜(さんりょう)の東側にいくつもカール地形と堆石(モレーン)がある。眼下に雲ノ平が展望される。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水晶岳の言及

【黒岳】より

…飛驒山脈(北アルプス)中央部,黒部川源流部にある山。山体を東側からみると山名の通り黒くみえるが,山頂付近に水晶を産するので水晶岳ともいう。標高2978m。…

※「水晶岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone