コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水晶岳 スイショウダケ

5件 の用語解説(水晶岳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいしょう‐だけ〔スイシヤウ‐〕【水晶岳】

富山県南東部、黒部川水源の最高峰。二つの峰をもつ山で標高は南峰2986メートル、北峰2978メートル。山稜東側に圏谷(カール)と堆石(モレーン)が、山腹にミヤマウスユキソウの群落がある。中部山岳国立公園に属する。黒岳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水晶岳【すいしょうだけ】

富山県,飛騨山脈にある山。標高2986m。東側からみると黒くみえ,黒岳とも呼ばれている。山体は花コウ岩からなり,一部結晶片岩が露出する。南側には水晶小屋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕水晶岳(すいしょうだけ)


黒岳(くろだけ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水晶岳
すいしょうだけ

黒岳」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水晶岳
すいしょうだけ

富山県富山市にある山。北アルプスの中央部にあり、標高2986メートル。黒岳は信州側の山名。江戸時代加賀(かが)藩の黒部奥山廻(まわ)りは六方石(ろっぽうせき)山とよんでいたが、のちに水晶岳とよぶようになった。地質は花崗閃緑(かこうせんりょく)岩で構成され、山稜(さんりょう)の東側にいくつもカール地形と堆石(モレーン)がある。眼下に雲ノ平が展望される。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水晶岳の言及

【黒岳】より

…飛驒山脈(北アルプス)中央部,黒部川源流部にある山。山体を東側からみると山名の通り黒くみえるが,山頂付近に水晶を産するので水晶岳ともいう。標高2978m。…

※「水晶岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水晶岳の関連キーワード黒四ダム黒部黒部川電気記念館富山県南砺市遊部川原富山県黒部市生地富山県黒部市石田富山県黒部市黒部峡谷口富山県黒部市黒部新富山県黒部市堀切富山県黒部市吉田