コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻村伊助 ツジムライスケ

5件 の用語解説(辻村伊助の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つじむら‐いすけ【辻村伊助】

[1887~1923]登山家。神奈川の生まれ。明治44年(1911)登山者として初めて冬の上高地に入山した。箱根湯本高山植物の研究を行ったが、関東大震災で不慮の死をとげた。著「スウィス日記」「ハイランド」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻村伊助 つじむら-いすけ

1886-1923 明治-大正時代の登山家。
明治19年4月22日生まれ。44年ガイド上条嘉門次(かみじょう-かもんじ)と冬季の上高地に登山家としてはじめて入山。大正2年渡欧,翌年ユングフラウ,グロース-シュレックホルンに登頂。のち箱根湯本に高山植物園をひらく。大正12年9月1日関東大震災で妻子とともに死去。38歳。没後「スウイス日記」「ハイランド」が刊行された。神奈川県出身。東京帝大卒。
【格言など】遺骨又は灰を成るべく保存せざること(遺言)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

辻村伊助

没年:大正12.9.1(1923)
生年:明治19.4.22(1886)
明治大正期の登山家。神奈川県小田原生まれ。東京帝大農芸化学科卒。高嶺の花を求めて,黎明期の日本アルプスを踏破。明治39(1906)年,木曾駒・宝剣岳タカネスミレの新産地を発見。大正2(1913)年,山林を売った費用で渡欧,翌3年,近藤茂吉とグロース・シュレックホルンに登頂した際,下山中雪崩で重傷を負う。入院先の看護婦ローザ・カレンと結ばれ,10年帰国。箱根湯本に高山植物園を開いたが,12年関東大震災で裏山が崩れ,ローザ夫人,3児と共に埋没死。3年後,遺体が発見され,比叡山延暦寺に納骨された。その著『スウイス日記』(1922)は詩情にあふれた山岳文学の古典として名高い。だが,アルプスを賛美するあまり,日本や他国の風土,人をおとしめる文が散見される。<参考文献>中野啓次郎『辻村伊助伝』

(武田文男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つじむらいすけ【辻村伊助】

1886~1923) 登山家。神奈川県生まれ。東大卒。植物研究のためヨーロッパに渡り、アルプスに登山。箱根湯本で農園を経営したが、関東大震災の際に遭難死。著「スウィス日記」「ハイランド」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辻村伊助
つじむらいすけ
(1887―1923)

登山家。神奈川県生まれ。第一高等学校から東京帝国大学農芸化学科卒業。明治中後期の日本山岳界のパイオニアの1人で、植物を研究し、北アルプスや木曽(きそ)山脈を中心に多くの足跡を残した。1911年(明治44)積雪期の上高地(かみこうち)に登山者として初めて入った。13年(大正2)ヨーロッパに渡り、翌年ユングフラウに登り、近藤茂吉(もきち)とグロースシュレックホルンに登り、下山中に雪崩(なだれ)にあった。そのころのことを記した『スイス日記』や『続スイス日記』『ハイランド』は山岳名著として名高い。[徳久球雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辻村伊助の関連キーワード神奈川県小田原市飯泉神奈川県小田原市石橋神奈川県小田原市風祭神奈川県小田原市栢山神奈川県小田原市城内神奈川県小田原市城山神奈川県小田原市千代神奈川県小田原市中里神奈川県小田原市早川神奈川県小田原市緑

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone