コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水谷不倒 ミズタニフトウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水谷不倒 みずたに-ふとう

1858-1943 明治-昭和時代前期の国文学者。
安政5年11月15日生まれ。水谷民彦の子。坪内逍遥(つぼうち-しょうよう)に師事し,小説「錆刀(さびがたな)」などを発表。大阪毎日新聞社にはいり,明治38年退社して近世文学研究に専念した。昭和18年6月21日死去。86歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は弓彦。著作に「近世列伝体小説史」「草双紙読本の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずたにふとう【水谷不倒】

1858~1943) 国文学者。名古屋の人。本名、弓彦。東京専門学校卒。近世文学研究の先駆者。著「近世列伝体小説史」「草双紙と読本の研究」「撰択古書解題」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水谷不倒の関連キーワード大野屋惣八水谷 不倒早稲田文学小西 伝助西本 翠蔭新群書類従虎屋永閑仮名草子先駆者水谷

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android