坂本九(読み)さかもときゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂本九
さかもときゅう

[生]1941.12.10. 神奈川
[没]1985.8.12. 群馬
歌手。本名は大島九 (ひさし) 。日本大学付属横浜学園高校在学中の 1958年,日劇ウエスタン・カーニバルにロカビリー歌手としてステージ・デビュー。 60年に『悲しき 60歳』『恋のホームタウン』でレコードデビュー。 61年に NHK「夢で逢いましょう」の挿入歌上を向いて歩こう』 (永六輔作詞,中村八大作曲) を歌い,大ヒットし,英語でもレコーディングして,63年にはアメリカでも『スキヤキ』の題名で3週連続で全米人気投票1位を記録,レコードアルバム売上げ 100万枚以上に贈られるゴールデンディスクを受賞した。その他『見上げてごらん夜の星を』 (1963) ,『幸せなら手をたたこう』 (64) ,『レット・キス』 (66) など多くのヒット曲がある。愛嬌のあるニキビ顔の笑顔で「九ちゃん」と親しまれ,『坊ちゃん』 (66) などの映画や舞台でのコミカルな演技が人気を呼んだ。 85年,前例のない大惨事となった群馬県御巣鷹山の日航機墜落事故で命を落とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

坂本九【さかもときゅう】

歌手。神奈川県出身。1960年《ステキなタイミング》でレコード・デビュー,NHKテレビ《夢で逢いましょう》にレギュラー出演し,1961年同番組で発表した《上を向いて歩こう》が大ヒット。同曲は《スキヤキSukiyaki》と題され,米国では100万枚のセールスを記録。その後もテレビ司会者,福祉活動などで活躍したが,日航機墜落事故に遭遇し死亡。
→関連項目中村八大

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本九 さかもと-きゅう

1941-1985 昭和時代後期の歌手。
昭和16年12月10日生まれ。35年「ステキなタイミング」でデビュー。「上を向いて歩こう」は欧米でも「スキヤキ」のタイトルで大ヒットした。昭和60年8月12日日航機墜落事故で死去。43歳。神奈川県出身。日大付属横浜高卒。本名は大島九(ひさし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂本九の関連情報