コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永業田 エイギョウデン

4件 の用語解説(永業田の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えいぎょう‐でん〔エイゲフ‐〕【永業田】

中国唐代の均田制で、世襲を許されていた田。世業田。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

永業田【えいぎょうでん】

中国中古の均田法によって人民に支給され,相続を認められた土地で,8世紀後半まで続いた。北魏のころは桑田(クワ,ナツメ,ニレを植える)と呼ばれ,丁男(15〜69歳)に20畝(約1ha)給されたが,唐代には丁男・中男(時代により異なるが,ほぼ18〜59歳)に20畝給された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えいぎょうでん【永業田 Yŏng yè tián】

中国中古の均田制における給田の一種。支給された戸が代々世襲用益できた。業は田業(土地資産)の略で,北朝末期から隋・唐初にかけては世業田とも呼ばれたが,唐の太宗李世民の諱(いみな)を避け,以後永業田に固定し均田制がくずれる8世紀後半まで使われた。唐田令の規定では,成丁に20畝(約1ha)が給され,ここに桑やニレ,ナツメを植えさせた。五品以上の貴族官人は,5~100頃(けい)の官人永業田を所有しえた。均田法【池田 温】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えいぎょうでん【永業田】

中国、唐の均田制に規定された世襲の田。 → 均田制

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永業田の関連キーワード易田均田制口分田賑給田中古車田制均田法地域大国均田制度戸等制

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone